中国新疆ウイグル自治区の約1億6000万年前(ジュラ紀後期)の地層から、鳥類に近い恐竜の化石が見つかり、新属新種に分類された。米ジョージ・ワシントン大と中国の古脊椎(せきつい)動物古人類研究所の研究チームが29日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 鳥類は恐竜から進化したとの説が有力だが、初期の鳥類「始祖鳥」より古い近縁の恐竜化石は少ししか見つかっておらず、進化過程の解明に役立つと期待される。
 この化石は全長約1.4メートルで、欠けている尾の先を含めると、1.9~2.3メートルと推定される。前脚が短く、一部の指だけが太く鋭いのが特徴のアルバレツサウルス類に分類され、「ハプロケイルス(属)ソルラス(種)」と命名された。 

【関連ニュース】
【動画】恐竜2009~砂漠の奇跡~
特集・恐竜図鑑~トサカのついたティラノサウルス~
【特集】中国新疆ウイグル自治区暴動
ウイグル騒乱が暴いた「民族政策」の大矛盾
写真特集・中国新疆ウイグル自治区暴動

保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)
<偽装献金>鳩山首相の不起訴不当、審査申し立て(毎日新聞)
「坂の上の雲」英訳本刊行へ 全4巻2年後めど(産経新聞)
<偽造1万円札>仙台の繁華街で8枚見つかる(毎日新聞)
<3カ月予報>2~4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表(毎日新聞)
AD