知人男性を海に突き落として殺害するなど2人に対する殺人と傷害致死、6人への傷害罪などに問われた元山口組系暴力団幹部、森本浩一被告(44)の判決公判が25日、大阪地裁であった。笹野明義裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

 殺人について弁護側は「実行行為を行っていない」などと無罪を主張していたが、笹野裁判長は「すでに虐待され衰弱していた被害者に20分間遊泳を強要したことは死亡する危険性が極めて高い行為」と殺人罪の成立を認めた。

 判決によると、森本被告は平成14年5月の暴行で衰弱した当時30代の男性を岬町の漁港から海へ突き落として殺害。18年12月には大阪市西成区のアパートで別の30代男性に暴行し死なせたほか、男女6人に暴行した。

【関連記事】
大阪・西淀川発砲事件、手配の元組幹部を逮捕
弁当351個を詐取 無銭飲食容疑で暴力団幹部ら逮捕
格付け維持のためウソ資料 建設業法違反で組員ら逮捕
公共工事の格付け維持へ虚偽実績 組幹部の建設会社社長ら3人逮捕 大阪
覚醒剤密輸 関西の元暴力団幹部ら逮捕

大橋被告の死刑確定へ=岐阜、大阪で連続女性殺害-最高裁(時事通信)
小沢氏なぜ家族名義に?原資4億円に残る疑問(読売新聞)
春、駆け足で 国公立大、2次試験の願書受け付け開始(河北新報)
今年のセンター試験、科目間の得点調整なし(読売新聞)
HVに接近通報装置義務化へ=「静か過ぎて危険」の指摘-疑似エンジン音など(時事通信)
AD