京都大学付属病院(京都市左京区)で昨年11月、入院患者の90代の女性の容体が一時急変して意識不明となり、血液から投与された記録のない高濃度のインスリンが検出されていたことが1日、分かった。事件の可能性もあり、京大病院は原因を調査するとともに、川端署に届け出た。川端署は業務上過失致傷や殺人未遂などの容疑で調べている。

 同署などによると、女性は京大病院の循環器内科に入院中、血糖値が急激に下がる発作を起こし意識不明の重体となった。京大病院が血液検査などで調べた結果、血液から血糖値を下げるインスリンが高濃度で検出されたという。

<毎日・DAS高校生デザイン賞>大阪で表彰式(毎日新聞)
<医療事故>誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛で(毎日新聞)
遺棄容疑で男を逮捕=井戸の元社長遺体事件-鹿児島県警など(時事通信)
脱皮2時間以内!「漁師の伊勢エビ」発売へ(読売新聞)
藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会(スポーツ報知)
AD