26日ごろから、東北地方の商店の売り上げから偽1万円札が見つかる事件が相次いでおり、各県警が注意を呼びかけている。27日現在で青森、岩手、宮城、福島各県で被害が確認されており、さらに広がる可能性もある。

 宮城県警仙台中央署によると、26日午前、複数の銀行支店から偽造1万円札を発見したと通報があった。市内の酒屋など八つの商店から持ち込まれた売上金という。27日も市内から複数枚見つかった。

 他県で見つかった偽札も商店に持ち込まれたもので、各店1枚が使われていた。全体が赤みがかって色が濃いなど共通点があるという。【須藤唯哉】

【関連ニュース】
偽造1万円札:仙台の繁華街で8枚見つかる
通貨偽造容疑:偽1万円札66枚印刷 男2人再逮捕 愛知
偽札使用容疑:中学生2人逮捕 コピー機で複写 大阪
偽札:使用容疑で中学生2人逮捕--大阪
裁判員裁判:通貨偽造などで猶予判決の男性、裁判員の言葉胸に再出発 /岐阜

外貨準備の適正規模調査=圧縮なら円高助長も-菅財務相(時事通信)
<無理心中>妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
春闘、経団連の立場理解=「簡単に昇給できる状況でない」-鳩山首相(時事通信)
<薬物密売団>愛知県警などが摘発 イラン人容疑者を追送検(毎日新聞)
「殴られ殺害されていた」と容疑者供述 神戸の女性死体遺棄(産経新聞)
AD