宮城県警遠田署の20代男性巡査が出勤途中に乗用車で男性会社員(52)をはね、腰の骨を折る大けがをさせていたことが30日、分かった。同署は「命にかかわる重大な事故ではない」として発表していなかった。事故を非公表としたことについて、同署の本木利信副署長は「職業にかかわらず、命に別条のない事故は発表していない」と説明した。

不眠症における入眠困難改善薬ロゼレムの承認を了承(医療介護CBニュース)
【KANSAIハヤ耳】農事組合法人「ラッテ・たかまつ」 古代の乳製品「蘇」(産経新聞)
野田財務副大臣「子ども手当満額支給は困難」(読売新聞)
<人事>最高裁(24日)(毎日新聞)
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)
AD