自民党の大島理森幹事長は26日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、同県名護市長選の結果に「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」とした平野博文官房長官の発言について「資質、言葉の軽さに抗議を申し上げ、もういい加減にしてほしいという思いだ」と厳しく批判した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設(医療介護CBニュース)
<介護従事者>介護報酬改定で給与増と厚労省 疑問の声も (毎日新聞)
協和発酵キリン、中期経営計画を発表(医療介護CBニュース)
生野のひき逃げ 容疑で工員逮捕(産経新聞)
NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)
AD