自民党の谷垣禎一総裁は28日、党本部で尾辻秀久参院議員会長ら参院執行部と会談し、「定年制は守りたい」として、今夏の参院選比例代表で出馬を求めている片山虎之助元総務相を公認しない考えを伝えた。同党は衆院選で落選したベテランの山崎拓前副総裁、保岡興治元法相についても非公認とする方針で、3人を公認しないことで世代交代を求める中堅・若手に配慮した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~石川議員、小沢氏に収支概要報告~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

種子島で震度4(時事通信)
福知山線遺族ら意見陳述申し入れ=神戸検察審査会に(時事通信)
春闘、経団連の立場理解=「簡単に昇給できる状況でない」-鳩山首相(時事通信)
<シチズン・オブ・ザ・イヤー>青森の吉島美樹子さんら表彰(毎日新聞)
きょう、加藤被告の初公判=責任能力争う方針-秋葉原無差別殺傷・東京地裁(時事通信)
AD