沖縄県の仲井真弘多知事は29日の記者会見で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する稲嶺進氏が同市長に就任することについて、「(辺野古移設は)かなり難しい。何かやろうと思えば、首長の理解、納得、協力がどうしてもいる」とし、移設実現は困難との見解を改めて示した。
 知事は「ベストは県外(移設)」とする一方、「(普天間の)一日も早い危険性の除去という原点をもう一回考えれば、場合によっては県内(移設)というのも否定はできないだろう」と、県内移設案を否定しない姿勢も示した。 

【関連ニュース】
普天間、14年返還目指す=鳩山首相
普天間、閣内の溝鮮明に=現行計画、選択肢か否かで
「斟酌理由ない」に抗議=官房長官、民意尊重と釈明
「徳之島」報告受けた=松野副長官
「信じて」発言、誤解与えた=鳩山首相

センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
小沢氏きょう聴取 「関与」「原資」焦点に(産経新聞)
「食の安心安全は豊洲では守れない」築地の現地再整備 参考人が訴え(産経新聞)
死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論-警察庁(時事通信)
囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)
AD