今年度第2次補正予算は1月28日の参院本会議で可決、成立した。厚生労働省分は5684億円。

 厚労省が計上したのは、70-74歳の患者負担割合の引き上げの凍結などを行う「現行高齢者医療制度の負担軽減措置等」5736億円、ワクチンの接種費用の助成などを行う「新型インフルエンザ対策の強化」1173億円など緊急経済対策関連に1兆2906億円、その他経費に127億円を計上している一方、第1次補正予算の執行停止などによる減額補正が7348億円ある。


【関連記事】
第2次補正予算案を閣議決定―厚労省分は5684億円
医療・介護に11兆円―来年度予算案で厚労省
政府が緊急経済対策を閣議決定
景気対応緊急保証、医療・介護も対象に―直嶋経産相
前期高齢者制度に公費を―健保連が決議

ハイチ大地震 精力的な報道続ける米メディア(産経新聞)
ロープウエー地上30m宙づり、整備の2人乗せ(読売新聞)
大分みらい信金職員、4億円着服=パチンコや借金返済に、懲戒解雇(時事通信)
<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
菅家さん「全然かかわっていません」(産経新聞)
AD