自民党の舛添要一前厚生労働相は24日午前のフジテレビの番組で、自身の政治活動について「国民から拒否された古い自民党のままいっていいという人たちが(党内の)マジョリティーなら、われわれが出るしかないじゃないか」と述べ、夏の参院選前に打ち出す経済政策などの提言が党改革に反映されない場合は、離党もあり得るとの考えを示した。
 ただ、「今、党の中で一生懸命努力している。まず自分の力、自分の言ってることがマジョリティーを持つように全力を挙げて努力することが大前提だ」と述べ、当面は党内にとどまり自民党再生に取り組む考えを強調した。 

<石川知裕議員>自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)
元検事「全証拠検討した」=「無実の罪着せた」と菅家さん(時事通信)
省庁再編「1年2年でできない」=鳩山首相(時事通信)
「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審-鹿児島地裁(時事通信)
政教分離訴訟 原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
AD