11年春に全面開業するJR大阪駅開発プロジェクトの上棟式が28日、同駅であった。国内の駅で初めてとなる全天候型ドーム屋根がホームを覆い、北側の新築ビルに百貨店「JR大阪三越伊勢丹」やオフィスなどが入る。

 JR西日本グループの総事業費は約2100億円。これまでに駅の改良部分は6割、駅北側のビルは4割程度の工事を終えた。

 ドーム屋根は、駅北側のビル12階(高さ50メートル)から、増床中の南側ビル(現アクティ大阪)に向かって25メートル下降する形。ホーム上で南北のビルを結ぶ連絡通路には、ガラス越しに自然光が差し込む。通路上で屋根の一部を建設し、夜間に東西に移動させる作業を進めている。

 28日の上棟式は大阪市の平松邦夫市長や関西経済連合会の下妻博会長ら約130人が出席。同社の佐々木隆之社長が「大阪駅周辺の開発を促し、大阪や関西の活性化につながることを期待する」とあいさつした。【久木田照子】

【関連ニュース】
JR阪和線:踏切の遮断棒折れ、5万人に影響
転落:駅ホームで男性 電車目前、寝そべってかわす 山口
福知山線事故:被害者向け説明会 社長、具体例挙げ謝罪
JR西漏えい:事故調査報告書への影響検証 遺族ら初会合
JR福知山線:ATS誤作動で非常ブレーキ

35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生(J-CASTニュース)
小沢幹事長、聴取後に会見 「不正な金受け取っていない」(J-CASTニュース)
2次補正採決、自・共「反対」公・み「賛成」(読売新聞)
小沢幹事長事務所への弾は実弾(産経新聞)
<星雲>5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)
AD