沖縄県名護市長選挙で初当選した稲嶺進氏は25日夕、地元のテレビ番組に出演し、米軍普天間飛行場移設問題で、同市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設を事実上容認してきた仲井真弘多沖縄県知事に対し、県外移設を表明するよう呼び掛けた。
 稲嶺氏は「(知事が)以前は『名護市が容認している間に(移設を)』とおっしゃったときもあるが、それから環境が違っている。知事も名護市と同じ立ち位置で(県外移設を)沖縄の民意として、国に伝えてほしい」と述べた。 

【関連ニュース】
普天間移設「あらゆる可能性」=鳩山首相
十数年秘書任せ、報告書見ず=政倫審「小沢氏が判断」
移設は危機、日米関係悪化=米主要紙が論評
普天間現行案、首相に撤回要求へ=「市民の意思伝えたい」
「責任の重さ感じる」=当選から一夜明け稲嶺氏

マンション非居住者に「協力金」最高裁認める(読売新聞)
阿久根市長出廷「免職の元係長、復職は悪影響」(読売新聞)
地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部-胆沢ダム下請け受注(時事通信)
<鳩山首相>参院選後に省庁再編の意向(毎日新聞)
札幌の女性殺害、遺体に雪をかぶせた形跡(読売新聞)
AD