27日午後0時10分ごろ、大阪発松山行き日本エアコミューター(JAC)2305便ボンバルディアDHC8-400が、前輪の不具合を示すランプが点灯したため、整備のため大阪空港に引き返し、着陸した。JACなどによると、乗客乗員77人にけがはなかった。同機は午前10時50分ごろに大阪空港を離陸。同社がトラブルの原因を調べている。

【関連記事】
またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず
ボンバル機トラブル相次ぐ 中部空港など出発便
ボンバル機胴体着陸で、個人特定できず不起訴 高知地検 
ボンバル機が引き返し 鹿児島発、屋久島行き

<新型インフル>名古屋大、三重大は追試せず(毎日新聞)
今滝さん、行方不明直前はタクシーを連日利用 神戸の女性講師不明事件(産経新聞)
「演出は初めから決まっていた」 大家族の母がフジテレビ批判(J-CASTニュース)
土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装(読売新聞)
<足利事件>92年12月8日の地検聴取テープ(4)止(毎日新聞)
AD