鳩山由紀夫首相は29日午前の閣議後の閣僚懇談会で、省庁幹部人事の一元管理を目的とした内閣人事局を設置する国家公務員法改正案について、「適材適所の人事を柔軟に行うため、事務次官級から局長級への異動を可能とする」と述べ、省庁幹部の事実上の「降格」人事を可能とする同法改正案を今国会に提出する考えを示した。

【関連記事】
公務員のリコールなど、資格制限を明確化 総務省
自衛隊派遣に備え、政府調査チームがハイチ到着
亀井節炸裂「うるさいから言った」 予算委紛糾について
「ブログ市長を監視」団体、初会合に市議15人参加
2次補正予算成立も 専門家「景気浮揚効果薄い」

<衆院予算委>2次補正通過へ 集中審議2月実施で合意(毎日新聞)
<第2次補正予算案>衆院本会議で与党3党などの賛成で可決(毎日新聞)
山スキーで遭難の2人救助 滋賀・土蔵岳(産経新聞)
<マニフェスト>着手7割に 調整・修正は26項目に増加(毎日新聞)
爆破予告で入間市立小中学校27校休校!(スポーツ報知)
AD