鳥取県境港沖で2008年10月、島根県立隠岐水産高校の実習船「わかしまね」(196トン)と漁船「第22事代丸」(222トン)が衝突、実習船が沈没し、実習生ら2人が軽傷を負った事故で、運輸安全委員会は29日、双方の見張りが不十分だったため、互いに気付くのが遅れたことが原因とする調査報告書を公表した。
 漁船の船長が、許容範囲を大幅に超える酒気帯び状態だったことや、実習船の船長が、慣れない夜間入港で自船の位置を正確につかめていなかったことなども事故に関係したとみられる。 

【関連ニュース】
貨物船、護衛艦の進路で衝突=関門海峡事故の画像公表
県職員を現行犯逮捕=酒気帯びで追突
新たな手掛かり見つからず=第2山田丸、7年前浸水も-10人乗り漁船不明・五島沖
自衛官、酒気帯び運転で逮捕=信号支柱に衝突
酒気帯び運転で自衛官逮捕=帰宅途中に接触事故

離婚後300日規定の改正検討=「無戸籍の子」問題に対応-千葉法相(時事通信)
つかこうへい氏 肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
警察署HPに補導少年49人の実名を誤掲載(読売新聞)
<鳩山首相>売却株一覧「あなただけに見せてもいい」(毎日新聞)
怒鳴る客も粘り強く説得=声掛け「プロ」が秘訣-振り込め阻止の2人・警察庁(時事通信)
AD