山形県で開かれていた日本教職員組合の教育研究全国集会は25日、3日間の日程を終了した。日教組は同日午後に山形市内で記者会見し、「平和、人権、環境、共生を尊重する社会の主権者をはぐくむために、教育実践をさらに深めていく」とするアピールを発表した。
 日教組によると、全体集会と26の分科会に延べ約1万人が参加。教育格差の解消を目指す取り組みやカリキュラムの工夫、地域との連携などの実践例が報告された。 

【関連ニュース】
教研集会、山形で開幕=文科政務官があいさつ

「宇宙人はニュアンス違う」=首相の失言擁護-菅副総理(時事通信)
<敬老乗車証>仙台市、見直しへ 「団塊の世代」の交付を見込み(毎日新聞)
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
NHK朝ドラ、午前8時開始に(時事通信)
<原口総務相>小沢氏の参考人招致「必要だ」(毎日新聞)
AD