1月25日に衆院を通過した今年度第2次補正予算案は、26日の参院予算委員会で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。厚生労働省分は5684億円で、現行の高齢者医療制度の負担軽減措置や、新型インフルエンザ対策の強化などを盛り込んでいる。

 菅直人副総理兼財務相は趣旨説明で、「現下の厳しい経済情勢に対応し、景気回復を確実にするためには、補正予算と関連法案の一刻も早い成立が必要だ」と強調した。


【関連記事】
景気対応緊急保証、医療・介護も対象に―直嶋経産相
次期通常国会への提出法案を説明-厚労省政策会議
「保険者は都道府県単位に」が多数意見-高齢者医療制度改革会議
第2次補正予算案を閣議決定―厚労省分は5684億円
政府が緊急経済対策を閣議決定

警察官の長男、父親の拳銃で自殺か 岡山の駐在所(産経新聞)
第81期棋聖戦 本線参加16人出そろう(産経新聞)
<平野官房長官>米大統領の広島訪問の意向を歓迎(毎日新聞)
<学術雑誌>ネット購読料高騰に悲鳴 3年で2.5倍(毎日新聞)
【健康】携帯で健康チェック(産経新聞)
AD