原口一博総務相は26日の閣議後記者会見で、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国債を中心に運用している公的年金の積立金について、「一つの機関が一元的に運用していいのか。全額国債で(運用を)やるのであれば、国債のリスクヘッジはできないから、国債が暴落したときに年金も暴落する」と指摘し、運用機関や運用先の見直しが必要との認識を示した。 

【関連ニュース】
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」
鳩山元総務相に説明求める=母親からの資金提供
党再生へ波なお高し=攻勢自民、内情は「敵失」頼み
鳩山邦夫氏、党政倫審で聴取へ=自民
放送内容に介入しない=「関係者」発言で釈明

<小沢幹事長>「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半(時事通信)
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
<人工歯根>使い回し疑いの歯科医院長、自殺図る 愛知(毎日新聞)
4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)
AD