【ジャカルタ井田純】オーストラリアのAAP通信によると、ニュージーランドの海上保安当局は28日、日本の調査捕鯨船と衝突した反捕鯨団体シー・シェパード(SS)のアディ・ギル号の船長から、衝突の経緯などについて豪西部フリーマントルで事情聴取した。ニュージーランドはアディ・ギル号の船籍国。豪当局も聴取を予定しているという。

 アディ・ギル号は6日、南極海で調査捕鯨船団の調査船「第2昭南丸」と衝突、大破した。双方とも衝突の原因は相手側にあると主張している。

 アディ・ギル号の乗組員は28日、SS側の母船にあたるスティーブ・アーウィン号でフリーマントルに入港した。スティーブ・アーウィン号は、給油などを終えた後、再び調査捕鯨妨害のため南極海へ出港する予定という。

【関連ニュース】
調査捕鯨妨害:船籍偽装でノルウェーが抗議文
シー・シェパード:抗議船、油流し南極海を漂流
調査捕鯨:シー・シェパードが「日新丸」を妨害
シー・シェパード:衝突海域で矢を回収 水産庁
シー・シェパード:調査船側を「海賊行為」で告訴

<水俣病訴訟>患者会と国など和解協議 東京でも提訴へ(毎日新聞)
<シチズン・オブ・ザ・イヤー>青森の吉島美樹子さんら表彰(毎日新聞)
オバマ大統領の訪問実現へ努力=米国での面会を受け-秋葉広島市長(時事通信)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り-公取委(時事通信)
AD