自民党の大島理森幹事長は27日午前、平野博文官房長官が地元の同意なしで米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を決めることもあり得るとの考えを示したことについて「歴史、現実、地域の気持ちを無視したやり方では絶対に成功しない。普天間問題の解決に、大きな困難を新たに提供したと言わざるを得ない」と批判した。党本部で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

デモ参加者に催涙スプレー 容疑の高3「かっとなった」(産経新聞)
小沢幹事長の事情聴取が終了(読売新聞)
訃報 永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
前原国交相ブチっ!町村氏に逆質問で応酬(産経新聞)
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」(産経新聞)
AD