民主党の喜納昌吉参院議員ら沖縄県出身の与党議員は26日昼、衆院議員会館で会合を開き、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、平野博文官房長官が同県名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」と述べたことに反発し、近く平野氏に直接抗議することを決めた。会合では、「基地を背負っている人たちへの発言としては異常だ」(国民新党の下地幹郎政調会長)などと批判する声が相次いだ。 

【関連ニュース】
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言
普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官
「中央政府が決めること」=基地再編で米国防総省高官
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相

<芦屋財産処分訴訟>経営者に賠償命令 神戸地裁支部判決(毎日新聞)
ロープウエーが宙づり=点検員2人取り残される-北海道(時事通信)
わいせつBDなど1万3千枚=所持容疑で4人逮捕-香川県警(時事通信)
<警視庁>45歳警部が電車で痴漢容疑…書類送検・辞職(毎日新聞)
種子島で震度4(時事通信)
AD