環境省は22日、今春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量予測(確定)を公表した。昨年末に発表した速報と同じく、飛散量は全国的に例年並みか例年よりも少なくなる見通し。昨夏の日照不足や低温などが影響した。
 飛散量が比較的多かった昨シーズンと比べると、一部地域を除き、東日本では20~50%程度、西日本では20~60%程度になると予測している。
 スギ花粉の飛散開始日は、東日本では例年より数日から1週間早く、西日本ではやや遅くなる見込み。関東や四国、九州では2月中旬ごろ飛散が始まり、東北南部、近畿、中国は2月下旬、北陸は例年並みの2月下旬から3月上旬、東北北部は3月上旬ごろになりそう。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
ドコモが大気情報提供サービス=基地局で花粉、CO2など測定
三菱重工、ウイルスの増殖抑える高性能マスク開発=酵素や尿素を織り込む
来春の花粉飛散、少なめ=真夏の低温が影響か

<名古屋市>住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達(毎日新聞)
<交通事故>13トン車に追突、運転手死亡 伊勢湾岸道(毎日新聞)
<花巻市長選>大石満雄氏が再選(毎日新聞)
<窃盗>高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任-福岡(時事通信)
AD