米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を争点とする同県名護市長選は24日投票が行われ、移設反対を掲げた新人の元市教育長、稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社大推薦=が、容認派の現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=を破り初当選した。

 普天間飛行場を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する現行計画は事実上、困難となり、政府は新たな移設先の検討を急ぐ。だが、米国が計画変更に応じる見通しはなく、普天間飛行場の移設自体が白紙に戻る危険性が強まった。

【関連記事】
普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」
「日米関係にひび入り始めた」 鳩山外交で北の機関紙
「辺野古反対は生命線」社民党大会で意見相次ぐ
米有力議員「忍耐にも限界」 普天間5月決着促す
普天間問題で首相「沖縄、米国に理解されるよう努力」

陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
<新型インフル>名古屋大、三重大は追試せず(毎日新聞)
<大寒>太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
京都のコンビニに刃物男、店長ら取り押さえる(読売新聞)
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル(医療介護CBニュース)
AD