最高裁は25日、今年の裁判員候補者名簿に載った全国34万4900人のうち、1年を通じて辞退が認められる人や、裁判員になれない人が計7万6095人(約22%)に上ると発表した。候補者に辞退希望などを尋ねる調査票の回答で判明。残る26万人余の中から裁判員が選ばれる。

 調査票は09年11月発送の候補者通知に同封され、(1)法律家や警察官など裁判員になれない職業か(2)70歳以上や学生、重い病気・けがなどで辞退するか(3)裁判員になるのが難しい月(2カ月まで)があるか--を尋ねた。11万7268人(約34%)が回答した。

 辞退希望者は7万3931人。内訳は▽70歳以上5万265人▽重い病気2万837人▽学生2395人など。09年に裁判員(補充含む)を経験した人も辞退可能で199人が希望した。ほとんどが辞退を認められる見通しで、個別事件の候補者に選ばれても呼び出し状は送られない。

 このほか、裁判員になれない職業の人は2164人。あて先不明で2239人に通知が届かなかった。

 裁判員になるのが難しい月は延べ5万1693人が回答。制度が5月に始まった09年は12、8、7月が多かったが、今回は3月(8861人)、2月(7076人)、4月(6770人)が多かった。【銭場裕司】

【関連ニュース】
押尾学容疑者:保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に
裁判員裁判:障害ある候補者に手話通訳手配せず 高知
女性裁判員:致命傷の写真で体調崩し?解任 福岡地裁
裁判員候補者:聴覚障害者に手話通訳者手配せず 高知地裁
裁判員裁判:どう判断? 殺人否認の被告

米国車700台にエコカー補助=簡易制度の輸入車に特例-政府(時事通信)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
山スキーで遭難の2人救助 滋賀・土蔵岳(産経新聞)
山田・京都府知事が3選出馬を表明(産経新聞)
清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)
AD