青森県は22日、八戸市内の食品製造会社「宝幸八戸工場」で製造されたサバの水煮缶(190グラム)から高濃度のヒスタミンが検出されたと発表した。水煮を食べた埼玉県川越市の男性1人が口のしびれなどを訴えたという。八戸保健所は工場に対し、同じ製造工程を経た4000~5000個の回収命令を出した。男性は既に回復しているという。

 青森県によると、水煮缶は昨年8月に製造され、100グラム当たり325ミリグラムのヒスタミンが含まれていた。ヒスタミンはサバに含まれる魚肉たんぱく質のアミノ酸が高温で繁殖した細菌で分解されてできることがある。県は「サバがどこかの段階で通常の冷蔵温度より高い状態に置かれていた可能性がある」とみている。【後藤豪】

【関連ニュース】
花粉症で「気づきにくい能力ダウン」 啓発プロジェクト発足

ボンバル機、整備のため引き返し(産経新聞)
<2次補正予算案>自民は反対方針(毎日新聞)
「必ず解決」の使命感を=島根女子大生事件で献花-警察庁長官(時事通信)
橋下知事、帰国第一声は「大阪“市”を解体」(産経新聞)
「これで沈静化して」…民主議員、言葉少な(読売新聞)
AD