地球から約5500光年離れた「出目金星雲」を、欧州南天天文台が南米チリにある望遠鏡で観測し、詳細画像を公開した。星雲は、さそり座の「尾」の近くにあり、形状から日本では「出目金星雲」、欧州では猫の足の裏にある肉球をイメージして「猫の足星雲」と呼ばれている。

【写真特集】日本で観測された彗星

 同天文台は、欧州14カ国が運営する天文観測施設。星雲は、誕生直後から終末期まで数万個の星で構成されている。星が寿命を終えて爆発した跡も観測でき、星の進化を考える貴重なデータになるという。【永山悦子】

【関連ニュース】
【写真特集】かぐやの撮った月、宇宙、地球
【写真特集】火星探査機「フェニックス」
<ニュースがわかる>惑星の素顔が見えてきた/1 進む太陽系の探査
<2010年宇宙の旅>今年の宇宙開発、話題盛りだくさん

小沢問題「もっと怒りを」社民地方組織突き上げ(読売新聞)
<綾部市長選>前市理事の山崎善也氏が初当選(毎日新聞)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
海保ヘリが飛行中に部品を脱落…海上か(読売新聞)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
AD