社民党は26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関するプロジェクトチームの会合を開き、同党が提起していた硫黄島(東京都小笠原村)への移設案を取り下げることを決めた。同島では現在も火山活動が続いていることを考慮した。米領グアムへの移設案は堅持し、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に提示する方針だ。 

【関連ニュース】
ハイチPKO、対米改善の狙いも=北沢防衛相
普天間移設、法的決着も=官房長官が可能性に言及
首相発言を言質に圧力=普天間現行案履行を要求
沖縄出身議員、「斟酌の理由ない」に反発=民主参院幹事長は擁護
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り

交通事故 京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが(毎日新聞)
首相動静(1月23日)(時事通信)
【揺らぐ沖縄】首相の罪 自治体に安保委ねた重いツケ(産経新聞)
<宮崎市長選>元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選(毎日新聞)
ヴィトン強盗団、今度は大阪!通行人目の前で正面ガラス割り侵入(スポーツ報知)
AD