千葉市の第3セクター「千葉都市モノレール」は、改革を推し進める新社長を公募している。熊谷俊人市長が掲げるマニフェストの「民間からの社長登用」に基づく公募で、これまで市や県職員OBが社長を務めてきた同社に、新たな風を吹き込もうという狙いがある。

 同社は昭和63年の開業以来、乗客数を着実に伸ばし、昨年には3億人を突破した。しかし、少子化などによる将来的な乗客数の減少が課題となっている。

 新社長の任期は6月下旬から2年間。常勤できることを条件とし、年収は約900 万円。指定の申込書に記入し、小論文とともに郵送もしくは持参する。

 申込書は同社と千葉市役所で29日まで配布。ホームページからもダウンロードできる。問い合わせは、同社経営管理室(電)043・287・8211。

【関連記事】
千葉市の財政難深刻 「モノレール」どうする?
鉄道を経営してみませんか? 千葉・いすみ鉄道が社長を公募
幻の姫路モノレール車両を35年ぶりに公開へ
「橋下知事に橋渡し役」友人の民間人校長に辞令 軽率と陳謝も
民間人校長候補に盗撮歴発覚…問いつめられ辞退

南極観測隊 同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
大分みらい信金職員、4億円着服=パチンコや借金返済に、懲戒解雇(時事通信)
龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)
都立高推薦入試 応募倍率は3.02倍(産経新聞)
囲碁の謝が女流3冠独占(時事通信)
AD