社民党の重野安正幹事長は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場の問題が争点となっている24日投開票の沖縄県名護市長選について「(結果によって)追い風になるか逆風になるかはあっても、目指すべき方向は変わらない」と述べ、選挙結果に関係なくキャンプ・シュワブ沿岸部(同市辺野古)に移設する現行計画に反対していく考えを強調した。 

【関連ニュース】
下地島移設反対を可決=「普天間」で意見書
首相と自民総裁が直接対決=21日から衆院予算委
同盟協議、来月初旬に実質開始へ=与党幹部とも意見交換
代表質問の詳報=衆院本会議
朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念?

「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年-東京(時事通信)
すぐには国民は納得しない=小沢氏の聴取で-前原国交相(時事通信)
<衆院予算委>法制局長官いたなら…谷垣氏、政治主導皮肉る(毎日新聞)
精神科慢性期治療への評価引き上げを―日精協(医療介護CBニュース)
ガソリン160円超で課税停止=価格高騰時の新制度-政府税調(時事通信)
AD