川崎重工業は26日、航空自衛隊の次期輸送機試作1号機(XC2)の初飛行を空自岐阜基地(岐阜県各務原市)で行った。XC2はC1輸送機の後継として2001年度に開発が始まったが、強度不足などが判明し、07年9月の予定だった初飛行が大幅に延期されていた。
 防衛省によると、今後、同社や同省が飛行試験を重ね、量産化に向けた予算要求をする。
 XC2は全長、全幅各約44メートル、高さ約14メートルで最大積載量はC1の約4倍の約30トン。航続距離は12トン搭載時で6500キロ(C1は2.6トン搭載で1700キロ)など輸送力が大幅に向上する。 

【関連ニュース】
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
自衛官、大麻所持で逮捕=「自分で使用するため」
日本の援助隊、ハイチ入り=首都西方で診療開始へ
援助隊医療チームが現地へ=ハイチ地震、日赤社長も
ダクト補強板の溶接部に疲労亀裂=F15の部品落下で空幕

<ウォーターボール>知事も中でダンス、ダンス、ダンス(毎日新聞)
「責任の重さ感じる」=当選から一夜明け稲嶺氏-名護市長選(時事通信)
「ごめんなさい…」執拗な取り調べにすすり泣く菅家さん(産経新聞)
「聴取後に小沢氏会見すべき」渡辺総務副大臣(読売新聞)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
AD