日本原子力発電の敦賀原発(福井県敦賀市)と東海第2原発(茨城県東海村)、関西電力の美浜原発(福井県美浜町)の放射線管理区域内で08年以降、たばこの吸い殻約10本が見つかったことが分かった。同区域での飲食や喫煙は、労働安全衛生法の規則により禁止されている。

 両社によると、敦賀原発1号機で08年に計2本、東海第2原発で08~09年に計5本、美浜原発1号機で08年に数本。昨年12月、東京電力柏崎刈羽原発の同区域内に吸い殻があったことを受けて両社が調査していた。吸い殻が見つかったことを示すメモが社内に残っていたといい、「実際に喫煙があったかどうかは確認できなかった」としている。【酒造唯】

【関連ニュース】
柏崎刈羽原発:6号機の営業運転を再開 7号機に続き
柏崎刈羽原発:7号機が営業運転再開 2年5カ月ぶり
東電:柏崎原発6号機、原子炉停止へ
東電柏崎刈羽原発:6号機に不具合、国の最終検査受検延期
刈羽原発:2基の停止命令を解除 新潟・柏崎

高齢者向け自転車 開発急ピッチ 低床、電動、簡単スタンド…「安心・安全」(産経新聞)
【風】増税は「喫煙者いじめ」?(産経新聞)
子ども手当、養護施設入所者にも支給(読売新聞)
九州新幹線 全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定(毎日新聞)
暴力団幹部射殺事件、殺人容疑逮捕者39人に(読売新聞)
AD