大宮署は23日、建造物侵入の現行犯で、さいたま市見沼区の会社役員で55歳の男を逮捕した。

 調べでは、容疑者は23日午前11時半ごろ、さいたま市大宮区高鼻町の氷川神社敷地内の女子トイレにのぞき目的で侵入した。

 大宮署によると、巫女(24)が個室のドアの下から手鏡が入ってきたことに気付き、トイレを出て神主に連絡。容疑者は男子トイレに移動していたが、トイレから出てきたところを神主に取り押さえられた。

【関連記事】
新学期の首都圏 電車内で痴漢など39人摘発
病的な性的嗜好者も…“プチ痴漢”衝撃被害
下着盗の元巡査を懲戒免職 トイレのぞきは減給 兵庫
「のぞくため」女子トイレ侵入 容疑の男逮捕
住居侵入容疑で医師を逮捕 女湯をのぞく目的か

教え子暴行、元スケートコーチに懲役7年判決(読売新聞)
トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)
<常用漢字>2次試案への意見 文字の追加や削除で244件(毎日新聞)
脱走した「北限サル」無事に捕獲 上野動物園(産経新聞)
日体大生の汗染みこんだ服に興味 窃盗容疑で男追送検(産経新聞)
AD