ダービー馬の馬主としてテレビ番組などに数多く出演した関口房朗氏(74)が、自身が所有する人材派遣会社の株売却後も別の会社の人材派遣業を支援し、売却先と交わした競合禁止義務に違反したとして、売却先の投資組合が関口氏に、違約金として5億円の支払いを求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。山崎勉裁判長は、「義務違反があった」として、請求通り関口氏に5億円の支払いを命じた。

 関口氏は平成20年3月、自身が所有していた人材派遣会社の株式約68万株を約13億円で投資組合に売却。譲渡契約には、関口氏が経営者や株主、コンサルタントなどいかなる立場でも人材派遣業を行ってはならないとする条項が盛り込まれた。株譲渡と同時期に、関口氏が社長を務めていた「MVP」が人材派遣業を始めたが、関口氏は同月、社長を退任した。

 山崎裁判長は、関口氏が社長退任後もMVPに5億円近い資金提供をしていたと指摘。MVPの経営を支援しており、譲渡契約違反にあたると結論づけた。

 関口氏は、8年に日本ダービーを制したフサイチコンコルドなど「フサイチ」を冠名とした馬主として知られる。

【関連記事】
ちゃんこ「若」に未払い残業代支払い命令
藤田まことさん夫妻に3億円支払い命令 大阪地裁
藤本美貴さんら勝訴 名誉棄損で新潮社に賠償命令
岐阜大『社会のクズ』アカハラ 元院生に110万円支払い命令
印税未払いで「GLAY」側勝訴 旧所属会社に6億7千万円支払い命令

“3人で心中”の容疑者を嘱託殺人罪で起訴(産経新聞)
「だまされたふり」で摘発強化=2月に振り込め撲滅月間-警視庁(時事通信)
「幹事長として頑張れ」「国民へ説明を」=小沢氏聴取控え閣僚から発言(時事通信)
「万引き、二度としてはならぬ」=摘発少年や保護者に動画-警視庁(時事通信)
小沢氏ほころぶ主張 3年前の会見検証「原資は寄付金」「土地相続できず」(産経新聞)
AD