来月にプルサーマル発電開始が予定されている愛媛県伊方町の四国電力伊方原発3号機(加圧水型、出力89万キロワット)について、国の原子力安全委員会は25日、四電の耐震安全性評価を妥当とした原子力安全・保安院の結論を認める決定を出した。

 四電の安全性評価は、耐震設計の審査指針の改定に伴って提出していた。同県は、四電に対し、プルサーマル発電で使用するMOX燃料(ウランとプルトニウムの混合酸化物)の取り付けまでに、国と県から耐震安全性の確認を受けることを求めている。今回の国の決定を受け、同県も近く耐震安全性について審議する予定で、計画通り2月上旬にMOX燃料が取り付けられる見通しが強まった。四電は想定される地震による最大の揺れの強さを570ガルとして耐震安全性の評価をしていた。【柳楽未来、栗田亨】

【関連ニュース】
伊方原発:プルサーマル学習集会 強行反対を採択--八幡浜 /愛媛
伊方原発:燃料集合体に微小穴 キセノン漏れ、定検で判明 /愛媛
伊方原発:プルサーマル計画 反対団体、四電本店に抗議文 /愛媛
愛媛・伊方原発:プルサーマル計画 四国ネット、四電に抗議文 /香川
伊方原発:「プルサーマル中止を」 市民団体が四電に申し入れ /愛媛

86例目の脳死移植実施(時事通信)
検察追及を横目に 民主、岩手で“帝国”健在(産経新聞)
民活開発、大誤算 テナント6割埋まらず 昨年開業複合施設 豊中市「困った」(産経新聞)
<朝青龍関>酔って知人突き飛ばす…警察出動の騒ぎに(毎日新聞)
全国初のサッカーくじ偽造事件 夫が手をそめたワケは…(産経新聞)
AD