23日午後7時40分ごろ、東京都新宿区南元町のビル建設工事現場で「作業員が倒れている」と、同僚の作業員から110番通報があった。作業員は病院に運ばれたが、死亡が確認された。40代の男性とみられ、警視庁四谷署は何らかの事故に巻き込まれたとみて詳しい原因を調べている。

 同署によると、現場は3階建てで、この日の作業が終了しても男性の姿が見当たらないことから同僚らが探したところ、エレベーター部分の下に当たる地下1階で倒れていた。

 全身を強く打った形跡があり、エレベーターのかごや重りに押しつぶされたか、エレベーターから転落した可能性があるという。

【関連記事】
工事現場でエレベーター落下 作業員2人死亡 東京都清瀬市
名古屋エスカレーターでオーチス社員らを略式起訴 名古屋区検
市川君への思いが本に エレベーター事故遺族ら
荷物用エレベーター 3年で37人死亡、政府が実態調査へ
エレベーター事故「運輸安全委の調査対象に」 国交相が検討表明

与党議員PTを設置へ=経産省(時事通信)
<振り込め詐欺>2グループ15人、未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)
<千葉家裁>40代の男性書記官を戒告処分 事務処理を怠る(毎日新聞)
小沢幹事長 「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す(毎日新聞)
AD