長妻昭厚生労働相は1月25日の衆院厚生労働委員会で、新型インフルエンザの輸入ワクチンは余る公算が大きいとして、現在メーカー2社と「解約交渉のテーブルについている状況」にあると述べた。加藤勝信氏(自民)の質問に答えた。

 加藤氏はワクチンの余剰分について、フランスなどではメーカーと契約解消に向けて交渉していると指摘。「現時点で不要と思われる部分の契約を解消し、そのために再交渉する考えはあるか」とただした。
 これに対し長妻厚労相は、流行が当初考えられていたほどは高まっていないが、備蓄する必要も一定部分あるとしながらも、輸入ワクチンが余る公算が大きいとの認識を示した。その上で、現在ノバルティスファーマとグラクソ・スミスクライン(GSK)の2社と「解約交渉のテーブルに着いている状況」と述べた。

 長妻厚労相は19日の閣議後の記者会見で、余剰分の解約に向けた交渉を「検討している」と説明していた。


【関連記事】
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討-長妻厚労相
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針
輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省

たき火不注意で書類送検=山林火災に-宮城県警(時事通信)
<社保庁>複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識(毎日新聞)
聴取への対応「小沢氏の判断」=首相(時事通信)
「中国の脅威化」日米で対応=同盟深化協議で提起へ-政府(時事通信)
政界引退報道を否定=自民・山崎氏(時事通信)
AD