水に微量を混ぜるだけで、透明で強度のある素材に変化させる高分子化合物を東京大などのチームが開発した。特別な設備を必要とせず、すぐに作れるため、医療現場などで使う素材への応用が期待される。論文は21日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。
 東大大学院工学系研究科の相田卓三教授らは、水中に溶けた粘土の粒子と結合し、粘土を「足場」にして立体構造を作る有機高分子化合物を開発。この化合物を、粘土を溶かした水に入れてかき混ぜると、数秒でコンニャクのように固まる。
 この素材は透明で、95%の水分を含んでいるが、コンニャクの約500倍の強度があり、透明性を犠牲にすればさらに強度を高められるほか、ゴムのような弾性を持たせることも可能だという。
 相田教授は「化合物の基本的な骨格は、安全性が確認されている。混ぜるだけでいいので、再生医療などの現場で医師が使える素材になり得る」と話している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待
ヒトゲノムにRNAウイルス発見=4000万年前に感染か
子ども手当創設で大幅増=自公政権の抑制から転換-10年度予算案・社会保障費

外国人参政権 赤松氏「『公約だ』は個人の約束」(産経新聞)
国家再生砕いたハイチ大地震 育成の警察部隊が雲散霧消(産経新聞)
大阪市の消防士、起こされ立腹し地下鉄職員を殴る(産経新聞)
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)
<木曽川導水路>名古屋市、負担金支払いへ 建設費用含まず(毎日新聞)
AD