衆院第1議員会館(東京都千代田区)の小沢一郎・民主党幹事長の事務所に昨年12月、ライフル銃の弾とみられる金属弾が送りつけられた事件で、警視庁が鑑定した結果、金属弾は実弾だったことがわかった。

 同庁幹部によると、弾は直径約1センチ、長さ約10センチのライフル銃の実弾で、昨年12月25日、小沢氏の事務所に郵送された封筒の中に入っていたのを秘書が発見した。都内から発送されていたが、弾や封筒から指紋やDNAは検出されなかったという。同庁で火薬類取締法違反容疑で調べている。

<原研機構>下請けの所得隠しで改善策を発表(毎日新聞)
遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任(読売新聞)
【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)
発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営(産経新聞)
死の「度胸試し」9階手すりから高1転落(読売新聞)
AD