覚せい剤取締法違反容疑で千葉県警佐倉署の警部補佐藤祐介容疑者(49)と知人の女(43)が逮捕された事件で、同容疑者が調べに「覚せい剤は女にもらった」と供述していることが25日、警視庁組織犯罪対策5課への取材で分かった。東京地検は同日、同法違反(使用など)罪で、同容疑者を起訴、女を追起訴した。
 同課によると、佐藤容疑者は女と知り合ってから覚せい剤を始め、女からもらっていたと供述。使用動機は不明だが、「交際を続けたかった」という趣旨の供述をしているという。
 捜査関係者によると、同容疑者の自宅で発見された計量器は、過去に捜査を担当した薬物事件の証拠品で、自宅に持ち帰っていた。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
大麻譲渡容疑でラッパー逮捕=女子中学生の供給源か
新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件

土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装(読売新聞)
彬子さまが博士号取得(時事通信)
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル(医療介護CBニュース)
裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)
普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」(産経新聞)
AD