自民党は19日、青木幹雄前参院議員会長ら参院選の公認候補7人を発表した。また、全国土地改良政治連盟顧問、南部明弘氏の比例代表公認辞退を了承した。候補者は次の通り。(敬称略)

 <選挙区>現職=青木幹雄(島根)、松村祥史(熊本)▽新人=渡辺猛之(岐阜)

 <比例代表>現職=中村博彦▽新人=大西宏幸、角田宏子、門伝英慈

【関連ニュース】
自民党:中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求
河野太郎氏:青木氏出馬表明に「古い自民の代表」
自民党:青木氏が出馬表明 高齢批判に反論
自民党:参院選懸案抱え越年…「土改連」など結論出ず
野中広務氏:土改連の会長職辞任も 予算確保と引き換え

10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響-海洋機構や東大など(時事通信)
同盟深化、年内に結論=日米安保「不可欠」-改定50年で首相が談話(時事通信)
両親連れ、1カ月以上無銭宿泊=「親孝行に見えた」53歳女を逮捕-神奈川県警(時事通信)
偽の「バイアグラ」販売、基準3倍超の錠剤も(読売新聞)
屋外でヌード撮影容疑、篠山紀信氏書類送検へ(読売新聞)
AD