「浄霊代」名目で多額の現金をだまし取られたとして、名古屋市在住の主婦(49)が21日、熊本市の宗教法人「肥後修験遍照(へんしょう)院(通称・六水(ろくすい)院)」と、下ヨシ子主宰者ら幹部5人を相手取り、約950万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こした。

 下主宰者は、フジテレビ系列の「ほんとにあった怖い話」「奇跡体験!アンビリバボー」など多数のテレビ番組に、霊媒師として出演している。

 訴状などによると、女性は2002年、ヘルニアなどの体調不良や家族間の問題などの悩みをテレビ番組で紹介されていた同院に電話で相談。08年11月にかけて約50回にわたり、「浄霊代」「守護神代」などとして計約652万円を支払ったという。

 一方、同院は「女性の依頼に応えたもの」などとして、債務がないことの確認を求める訴訟を同地裁に起こしている。

小沢氏聴取 「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念する民主(産経新聞)
<都教育委>全都立高で日本史必修科目に 13年までに実施(毎日新聞)
DPC病院の経営改善事例などを解説(医療介護CBニュース)
レーザーポインター違法販売 大阪府警 容疑で逮捕へ(産経新聞)
不適切対応職員の契約解除=NHKサービスセンター(時事通信)
AD