関西空港海上保安航空基地は23日、救助出動し大阪湾上を飛行した基地所属のヘリコプターから金属製の部品が脱落していたと発表した。部品は発見されていないが、被害情報は報告されていないという。

 基地によると、部品は機体の一部を固定するL字型のピン(重さ約12グラム)。23日午前の定期点検で、なくなっていることが分かった。同機は22日午後4時過ぎから約50分間、基地と大阪湾上を往復。直前の点検ではピンは確認されていたため、飛行中に脱落したとみられる。

 関西国際空港のターミナルビルや船舶の上空は飛行していないといい、同基地は「大事故につながる可能性もあり、再発防止に努めたい」としている。

【関連記事】
F15の部品 日本海上に落下 重さ200キロ
海保機のアルミ部品が脱落 那覇
陸自ヘリから金属部品脱落 3.2グラムのピン
海自哨戒ヘリの部品落下 被害確認されず
航空祭で空自F15尾翼落下 福岡・築城基地

たき火不注意で書類送検=山林火災に-宮城県警(時事通信)
名護市長選、投票進む=普天間移設に影響(時事通信)
回らぬ風車、早大の賠償減額=つくば市の過失指摘-東京高裁(時事通信)
早大の賠償額を減額…風力発電訴訟2審判決(読売新聞)
「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
AD