鳩山首相は22日の衆院予算委員会で、公的年金を受給するのに必要な25年間の最低加入期間について、「期間短縮も重要な発想だ。25年は長すぎるので検討したい」と述べた。

 無年金者対策などのため、保険料を支払う期間の短縮に前向きな考えを示したものだ。

 首相はまた、「低所得者に基礎年金を上乗せし、暮らしを援助することも大事だ」と語った。

 これに関連し、長妻厚生労働相は同日の記者会見で、「25年ルールは(制度の)根幹にかかわることなので、新しい年金制度改革の中で見直しに取り組んでいく」と述べた。

<小沢幹事長>23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
小沢氏聴取 「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念する民主(産経新聞)
雑記帳 松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)
「釈放要求発議も」民主議員、捜査批判の動き(読売新聞)
<偽札使用容疑>中学生2人逮捕 コピー機で複写 大阪(毎日新聞)
AD