真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)の安原晃(こう)宗務総長と、浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、同)の橘正信総長が22日、平成23年に営まれる親鸞聖人750回遠忌法要への協力を要請するため、京都市の門川大作市長を表敬訪問した。

 東西本願寺の事務方のトップにあたる総長が、そろってあいさつするのは極めて異例。

 23年は、京都市内に拠点を置く真宗大谷派と浄土真宗本願寺派、浄土宗(総本山・知恩院、東山区)が相次いで宗派最大の法要を営む。真宗大谷派は同年3月19日~11月28日、浄土真宗本願寺派は同年4月9日~24年1月16日まで行い、全国からそれぞれ35万~40万人の参拝者を予想している。

 このため、観光バスの駐車場確保、整備が急務となっており、20年から市に協力を要請していた。

<センター試験>得点調整は実施せず(毎日新聞)
府立大冠高校に50メートル巨大壁画 思春期の心開くアート(産経新聞)
<ハイチ大地震>日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同(産経新聞)
<衆院予算委>法制局長官いたなら…谷垣氏、政治主導皮肉る(毎日新聞)
AD