自民現職の死去に伴う東京都議補選島部選挙区(定数1)が24日投開票され、自民公認の元衆院議員秘書、三宅正彦氏(38)が、民主公認の元衆院議員秘書、池田剛久氏(44)=国民新推薦=を退け、当選確実となった。投票率は67.21%(前回70.72%)。

【関連記事】
「美しすぎる市議」藤川優里氏が登場 自民党大会
「小沢独裁と戦う」 谷垣総裁が決意表明 自民党大会
「小沢独裁」あぶり出せ 自民が攻勢強める
安倍元首相「参院選を政権奪回の第一歩に」
「集中審議を要求」 小沢氏問題で野党

<ハイチ大地震>NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋(毎日新聞)
大阪府の法人2税が1300億円減り2000億円に 昭和50年並みに (産経新聞)
普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)
金沢大医師 あて先ない紹介状 中国での移植仲介業者関与(産経新聞)
医療分野への緊急保証制度の適用を要望―四病協(医療介護CBニュース)
AD