菅直人副総理兼財務相は21日の衆院予算委員会で、民主党がマニフェスト(政権公約)で掲げたガソリン税の暫定税率廃止などを2010年度予算案では見送ったことに絡み、11年度以降での実現に向けた自信を問われ、「自信というよりは、やらざるを得ないという覚悟はある」と述べた。谷垣禎一自民党総裁への答弁。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

大久保秘書の公判延期=西松建設事件-東京地裁(時事通信)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
<衆院代表質問>首相らの疑惑、論戦スタート(毎日新聞)
囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)
<平野官房長官>現行案除外せず 名護市長選の結果に(毎日新聞)
AD