前原誠司国土交通相(47)が25日の衆院予算委員会で、自民党・町村信孝元官房長官(65)の挑発にキレた。

 前原氏は24日に建設中止の方針を固めている八ツ場ダム(群馬県)建設予定地を訪れ、住民と初めて意見交換し、政策転換で迷惑をかけたことを陳謝した。町村氏はこの日、「今更謝ってどうするんですか」と指摘。前原氏は「(自民党政権の)ツケをほっといて、今の政権のせいにするのはやめてほしい」と強い口調で反論。いったん席に戻ったが、町村氏が「前政権のせいにするのは稚拙」などと話していると、指名されてないのに答弁席に近づいて、なぜか仁王立ち。町村氏や委員長に注意されても一歩も引かず、町村氏にぶちキレていた。

 【関連記事】
「中止は政治の責任」と前原氏
前原誠司 予算委員会 町村信孝 を調べる

<時効見直し>「廃止」賛成が5割超す 法務省が意見公募(毎日新聞)
“産着” 真っ白な絹で レンタル始めてから購入者増加(産経新聞)
【めざせ!ネイル美人】真冬もキラキラ(産経新聞)
十数年秘書任せ、報告書見ず=政倫審「小沢氏が判断」-鳩山首相(時事通信)
暫定税率、ガソリン価格が3か月連続160円超で課税停止(レスポンス)
AD