鳩山由紀夫首相は22日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部に逮捕された同党衆院議員の石川知裕容疑者に関し、「起訴されないことを望みたい」と発言したことについて「誤解を与えてしまうのならば撤回したい」と述べた。

 発言の真意については、「起訴されることになれば申し訳ないという意味から、捜査によって無実が証明されればよいという思いで申し上げた」と釈明した。自民党の茂木敏充幹事長代理の質問に答えた。

【関連記事】
鳩山首相、捜査介入を否定 「不起訴望む」発言で釈明
小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」

民主の検察批判「小沢紅衛兵だ」…自民・川崎氏(読売新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
<虚偽記載>「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮(毎日新聞)
“3人で心中”の容疑者を嘱託殺人罪で起訴(産経新聞)
<落語協会>柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
AD