札幌市北区の空き地で、刺されたような傷のある女性の遺体が見つかった事件で、北海道警は20日、女性は兵庫県西宮市すみれ台の杉本稲子さん(72)と確認した。死因は首を絞められたことによる窒息と腹部を刺された出血性ショックと判明。道警捜査1課は殺人事件と断定し、札幌北署に捜査本部を設置した。 

【関連ニュース】
兵庫の女性か、空き地で死亡=雪に埋まり、上半身刺し傷
母親殺害容疑で長男逮捕=「介護に疲れた」
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減
7カ月長男死なせる=病院行かずに「手かざし」

帰宅困難者の避難訓練 秋葉原駅周辺、大地震を想定(産経新聞)
<小沢幹事長>地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か(毎日新聞)
「関西一の女相場師」に懲役3年求刑(産経新聞)
裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)
<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)
AD