首都大学東京(東京都八王子市)が昨年12月に実施した平成22年度の推薦入試で、不合格者に誤って合格通知の書類を郵送していたことが18日、分かった。

 同大学によると、昨年12月2日、都市教養学部の推薦入試の合格者番号が掲示され、職員がその番号を元に合格関係書類発送。ところが、職員が送付データを打ち込む際に住所と氏名と間違え、不合格となった男子受験生に書類を発送してしまたっという。

 書類が12月4日、受験生に届き自分の受験番号と違うことに気づき発覚した。大学側は受験生に事情を説明し謝罪した一方、「不合格は変わらない」としている。

【関連記事】
センター試験設問で「外国人参政権容認?」
センター試験 ミスの発端は信州大の試験監督者
追試対象は過去最多の961人 インフルは500人超
合格するぞ!必勝祈願スパート 東京・湯島天神
迫る受験、浪人生の悲哀…新型インフルワクチンは優先接種外

足利事件 テープ再生 「虚偽自白」生々しく(産経新聞)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
自民党大会 「敵失」生かせぬ谷垣氏 揺れる党内、抑えられず(産経新聞)
神戸・女性不明 知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)
オウム元幹部・新実被告の上告棄却、死刑確定へ(読売新聞)
AD